cafe ju-tou  

jutou.exblog.jp

カテゴリ:Live( 24 )

5/14 フェルナンド・カブサッキ+勝井祐二+沼澤尚+内田直之

Atelier ju-tou 5月の"Sunday Evening Concert Series”は

アルゼンチンからお迎えする
フェルナンド・カブサッキさん!

勝井祐二さん、沼澤尚さん、内田直之さんとの4名によるライヴ

〈フェルナンド・カブサッキ ジャパンツアー 2017〉の一公演としていらしてくださる事になりました!

「アルゼンチン音響派」と呼ばれるカブサッキさん
昨年伺ったライヴで聴いたそのギターの音は驚きの美しさでした...

Atelier ju-tou での響きは間違いなく必聴のライヴです

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

Atelier ju-tou
Takashi Numazawa presents
"Sunday Evening Concert Series” vol.17

フェルナンド・カブサッキ+勝井祐二+沼澤尚+内田直之

2017年5月14日(日)
開場 15:15/開演 16:00
会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F
料金 予約 4,000円 整理番号付き自由席/当日 4,500円 (各ドリンク代別途)


e0241591_00385716.jpg

〈予約方法〉*ご予約受付中*
店頭/電話 café ju-tou 0297-72-1238(12:00~17:00 水・木・第4日曜定休) 
メール info@ju-tou.jp
*アドレスが新しくなりました

・お名前
・人数
・ご連絡先(お電話番号)
をお知らせください

e0241591_00395683.jpg


e0241591_00450538.jpg

◆フェルナンド・カブサッキ

1965年、アルゼンチン・ロサリオ生まれ。ブエノスアイレス在住。5才のときに手にした2弦ギターがきっかけでギターを始める。1988 年に渡英してロバート・フリップ(キング・クリムゾン)のギター・クラフト・コースに参加。リーグ・オブ・クラフティ・ギタリスツ(LCG)の一員として度々フリップの世界ツアーに帯同する。1991年より、ブエノスアイレスのフィルム・アーカイヴと共同で、無声映画のサウンドトラックを即興演奏する不定形のプロジェクト、ナショナル・フィルム・チェンバー・オーケストラを立ち上げる。1992年には、LCGの主要メンバーだったアルゼンチン出身のエルナン・ヌニェスとスティーヴ・ボールと共に、ベルリンでロス・ガウチョス・アレマネス(LGA)を結成し、今に至るまで断続的に活動を継続。1995年から数年の間、フォルクローレ・シンガー、リリアナ・エレーロのバンドでギタリストをつとめる。1998年には初のソロ・アルバム『Houses I』を発表。この前後からフェルナンド・サマレア、マリア・ガブリエラ・エプメール、サンチャゴ・ヴァスケス、アレハンドロ・フラノフ、マリア・エヴァ・アルビストゥール、フアナ・モリーナ、アクセル・クリヒエールらと頻繁に共演を重ね、お互いの作品に参加するようになる。2000年にセカンド・アルバム『The Planet... and its beings』を発表。この作品には、エルメート・パスコアル、チャーリー・ガルシアやモノ・フォンタナも参加2002年、フアナ・モリーナのサポート・ギタリストとして初来日。関連作品も次々に紹介され、「アルゼンチン音響派」の最重要人物として一躍注目を集める。これをきっかけに、山本精一や勝井祐二をはじめ、日本の様々なアーティストとの交流を深め、即興セッションを中心に多くの共演とリリースを重ねる。長短編映画やアニメーションのための作曲も多数。2011年6月にソロ作としては7枚目となるアルバム『LUCK』を日本盤発売。以降、精力的に来日を重ね(2013年、14年、16年)、毎回多くの日本人アーティストとステージを共にしている。直近最新作は、モリコーネやジョナサン・リッチマンのカバーを含む2014年秋発売の『The Champion』。


e0241591_00493742.jpg

◆勝井祐二

ROVO,KOMA,TWIN TAIL,DRAMATICS,勝井祐二&U-zhaan,FISHMANSなどのバンドやユニットと、ソロや様々な音楽家との即興演奏で、エレクトリック・ヴァイオリンの表現の可能性を追求し続ける第一人者。「1991-1992 JAPAN – UK Festival」の中心展示「VISIONS OF JAPAN」(Victoria and Albert Museum)のサウンド・ディレクターを務め、渡英。帰国後、日本最初期のレイヴ・パーティー「WATER」をオーガナイズする。96年、山本精一と「ROVO」結成。バンド編成のダンスミュージックで、90~00年代以降のオルタナティブ~野外フェスティバルのシーンを牽引した。02年に初来日したファナ・モリーナ、フェルナンド・カブサッキとの共演を機にアルゼンチンの新しい音楽シーンと交流を深める。09年には、サイケデリック・ロック・バンド「GONG」の結成40周年を記念したアルバム「2032」に、スティーブ・ヒレッジと共に参加。以後「SYSTEM 7」のアルバムにも参加するなどの交流を続け、2013年「ROVO and SYSTEM 7」名義のアルバム「Phoenix Rising LP」を世界発売。2013~2014年にかけて、アジア~ヨーロッパツアーを行い、フジロックフェスティバル’14に凱旋。2016年 ROVO結成20周年をむかえ、FRF、RSR、中津川ソーラー武道館、富山ホットフィールド、福井SEA of GREEN、などの野外フェスに参加、20周年記念アルバム「XI (eleven)」発表。


e0241591_00514170.jpg

◆沼澤尚

1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BANDなど様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。

http://takashinumazawa.com/

https://twitter.com/apurkeneg


e0241591_00535968.jpg

◆内田直之

LITTLE TEMPO,OKI DUB AINU BAND,FLYING RHYTHMSのメンバーとしても活動するダブ/ミックス/レコーディングエンジニア。日本最高峰のダブ・エンジニアと呼ばれる存在で、レコーディングからライヴ・ステージまで、唯一無二の強烈なグルーヴを携えたトラックを生み出す達人として国内外のアーティストから厚い信頼を得ている。




by ju-tou | 2017-04-03 22:30 | Live | Trackback | Comments(0)

澤田かおり with 沼澤尚

Atelier ju-tou
Takashi Numazawa presents

"Sunday Evening Concert Series”


4月のライヴは

vol.16
澤田かおり with 沼澤尚

沼澤さんが昨年発売された澤田かおりさんのアルバム「FRONTIER」のレコーディングに参加され、”ピアノの弾き語りが素晴らしい!”と生まれたデュオ

今回 ju-touでは初めてのピアノ弾き語りをされる女性シンガーソングライターの方との共演となります

どのような新しい音の世界が繰り広げられるのでしょう!
どうぞお聴き逃しなく

e0241591_19305172.jpg
e0241591_19311807.jpg

2017年4月2日(日)
開場 15:15/開演 16:00
会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F
料金 予約 4,000円 整理番号付き自由席/当日 4,500円 (各ドリンク代別途)

*ご予約受付中*
店頭/電話 café ju-tou 0297-72-1238(12:00~17:00 水・木・第4日曜定休) 
メール info@ju-tou.jp
*アドレスが新しくなりました

・お名前
・人数
・ご連絡先(お電話番号)
をお知らせください
e0241591_19320005.jpg

澤田かおり


米シアトル生まれ。東京・杉並区育ち。2005年に渡米。NYブルックリン音楽院にてヴォーカルレッスンを受講、ボストン・バークリー音楽院作曲専攻を卒業する。帰国後、アーティストへの楽曲提供やCM楽曲を多数手掛け、高い評価を得る。その後、MISIA、井上陽水の全国ツアーにコーラスとして参加するや一躍注目を集める。そして2015年1月Sg『幸せの種』にてメジャーデビュー。11月には現代の和製キャロル・キングをイメージさせる、メジャー1stアルバム『Songwriter』を発表。NHKBS「ワールドスポーツMLB」エンディングテーマや映画イメージソング、CM曲など話題曲を多数収録。そして10月、女性目線にさらに磨きをかけたセルフプロデュースによる2ndアルバム「FRONTIER」をリリース。また秋から全国47都道府県を回る弾き語りフリーライブツアーも開催中。エモーショナルなヴォーカルと自在に奏でるピアノによる圧倒的な弾き語りライブも魅力のひとつ。その多彩な才能に、いま最も期待される女性シンガーソングライターのひとり。



e0241591_19333435.jpg

沼澤 尚

1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BANDなど様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。




by ju-tou | 2017-04-02 16:00 | Live | Trackback | Comments(0)

大貫妙子 フェビアン・レザ・パネ 森俊之 沼澤尚

Atelier ju-touにて開催しておりますライヴシリーズ

夢のような素晴らしいコンサートが決定いたしました!


Atelier ju-tou

Takashi Numazawa presents

"Sunday Evening Concert Series” vol.15


大貫妙子
フェビアン・レザ・パネ
森俊之
沼澤尚


e0241591_20294356.jpg

2017年3月5日(日)
開場 15:00/開演 16:00
会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F
料金 予約 6,500円 整理番号付き自由席/当日 7,000円 (各ドリンク代別途)
*整理番号順により立ち見になる場合もございます


〈ご予約〉公演一ヶ月前 2/5~受付
*ご予約方法など詳細は再度お知らせいたします

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

大貫妙子

東京生まれ。1973 年、山下達郎らとシュガー・ベイブを結成。75 年に日本初の都会的ポップスの名盤『ソングス』をリリースするも76 年解散。同年『グレイ スカイズ』でソロ・デビュー。以来、現在までに27 枚のオリジナル・アルバムをリリース。日本のポップ・ミュージックにおける女性シンガー&ソング・ライターの草分けのひとり。その独自の美意識に基づく繊細な音楽世界、飾らない透明な歌声で、多くの人を魅了している。CM・映画音楽関連も多く、映画「Shall we ダンス?」(監督:周防正行 96 年)のメイン・テーマや、98 年の映画「東京日和」の音楽プロデュース(監督:竹中直人/第21 回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞)など数多くのオリジナルサウンドトラックを手がけている。2013 年デビュー40 周年を記念する『大貫妙子 トリビュート・アルバム』をリリース。エッセイ集『私の暮らしかた』(新潮社)で綴られた生き方が世代を問わず共感を呼んでいる。NHK ラジオ深夜便・深夜便のうた「愛しきあなたへ」を大貫妙子&小松亮太としてリリース。2015 年6 月小松亮太とのアルバム「Tint」をリリース。「Tint」は第57 回輝く日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞した。ソロデビュー40 周年記念として、EMI 時代のオリジナルアルバム10 タイトルをユニバーサルミュージックから最新リマスター&高音質SHM-CD にて一斉リイシュー発売。2016年7月より、ソロデビュー40周年プロジェクトの第1弾としてアニバーサリーボックスを発売。2016年12/22東京芸術劇場にて、千住明編曲、指揮のもと初のシンフォニックコンサートを開催。公演に先駆け、12/21にはコンサートでも披露した6曲を納めたCD『TAEKO ONUKI meets AKIRA SENJU〜Symphonic Concert 2016』を発売。シンフォニックコンサートの公演を収録したライブ映像『Taeko Onuki Symphonic Concert 2016』が2017年3月15日発売決定。
http://onukitaeko.jp


by ju-tou | 2017-03-05 16:00 | Live | Trackback | Comments(0)

OKI with 沼澤尚+内田直之

この2月より2年目となる"Sunday Evening Concert Series”
まずその1回目は昨年8月にAtelier ju-touで生まれたトリオの再演!

Atelier ju-tou 
Takashi Numazawa presents

"Sunday Evening Concert Series” vol.13


OKI with 沼澤尚+内田直之

2017年2月12日(日)
開場 15:15/開演 16:00
会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F
料金 予約 4,000円 整理番号付き自由席/当日 4,500円 (各ドリンク代別途)

e0241591_20021152.jpg

〈予約方法〉ご予約受付中!

店頭/電話 café ju-tou 0297-72-1238(12:00~17:00 水・木・第4日曜定休) 
メール ju-tou@excite.co.jp 

・お名前
・人数
・ご連絡先(お電話番号)
をお知らせください

e0241591_20024242.jpg

OKI
旭川アイヌの血を引く、カラフト・アイヌの伝統弦楽器「トンコリ」の奏者。1993年より樺太アイヌの弦楽器トンコリの再生に取り組み、トンコリの演奏と楽器製作を始めた。アイヌの伝統を軸足に斬新なサウンド作りで独自の音楽スタイルを切り拓き、知られざるアイヌ音楽の魅力を国内外に知らしめてきたミュージシャン/プロデューサー。 同時に新しいアイヌ音楽を創造し世に送り出すレーベル CHIKAR STUDIOを運営。安東ウメ子、Marewrew、OKI DUB AINU BANDなど20タイトルの作品をプロデュース。現在進行形のアイヌ音楽を世に送り出し,日本での活動のほかWOMADなど海外音楽フェスにも多数出演している。2016年 OKI DUB AINU BAND ニューアルバム“UTARHYTHM”を発表。

沼澤 尚
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BANDなど様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。
http://takashinumazawa.com/
https://twitter.com/apurkeneg

内田直之-Dub Mix
LITTLE TEMPO,OKI DUB AINU BAND,FLYING RHYTHMSのメンバーとしても活動するダブ/ミックス/レコーディングエンジニア。日本最高峰のダブ・エンジニアと呼ばれる存在で、レコーディングからライヴ・ステージまで、唯一無二の強烈なグルーヴを携えたトラックを生み出す達人として国内外のアーティストから厚い信頼を得ている。2016年もブルーズ・ザ・ブッチャーの"THREE O'CLOCK BLUES",OKI DUB AINU BANDの"UTARHYTHM"をはじめ数多くの作品を発表している。


【Next Live】
2/19(日) フルカワミキ+ナカコー+沼澤尚
vol.15
3/5(日)  詳細後日!!!


by ju-tou | 2017-02-12 16:00 | Live | Trackback | Comments(0)

3/5 大貫妙子 フェビアン・レザ・パネ 森俊之 沼澤尚 〈ご予約方法等詳細発表〉

先日お知らせいたしました夢のようなコンサート
ご予約方法等詳細を発表いたします!

Atelier ju-tou
Takashi Numazawa presents
"Sunday Evening Concert Series” vol.15

大貫妙子
フェビアン・レザ・パネ
森俊之
沼澤尚

e0241591_22042016.jpg

2017年3月5日(日)
開場 15:00/開演 16:00
会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F
料金 予約 6,500円 整理番号付き自由席/当日 7,000円 (各ドリンク代別途)
*整理番号順により立ち見になる場合もございます

〈ご予約について〉
※受付方法によって開始日・時間が異なります
※予約受付の時間順に整理番号をお付けします(メール予約の2/5(日)0時が一番早い番号になります)
※カフェ営業中は対応できない時間帯もございますのでなるべくメールでのご予約をお願いいたします
・メール info@ju-tou.jp 2/5(日) 0時~
 【アドレスが変更となりましたのでご注意ください】
・店頭 2/5(日) 14時~
・電話 2/7(火) 14時~ 0297-72-1238
 café ju-tou (12:00~17:00 水・木・第4日曜定休)
 茨城県取手市井野1-7-10-3F
いずれも
お名前
人数
ご連絡先(お電話番号)
をお知らせください

〈チケット代金について〉
・店頭でのご予約の場合
 チケット代金を添えてお申込みください

・メールでのご予約の場合
 2~3営業日中に振込先等詳細を記載したメールを返信いたします
 メール到着後10日以内にお振込ください

・お電話でのご予約の場合
 振込先をお伝えしますので10日以内にお振込ください

・お支払い・お振込後の代金の払い戻しはできませんのでご了承ください(主催者側の中止などの場合を除く)

・ドリンク代は当日受付にてお支払いください


大貫妙子
東京生まれ。1973 年、山下達郎らとシュガー・ベイブを結成。75 年に日本初の都会的ポップスの名盤『ソングス』をリリースするも76 年解散。同年『グレイ スカイズ』でソロ・デビュー。以来、現在までに27 枚のオリジナル・アルバムをリリース。日本のポップ・ミュージックにおける女性シンガー&ソング・ライターの草分けのひとり。その独自の美意識に基づく繊細な音楽世界、飾らない透明な歌声で、多くの人を魅了している。CM・映画音楽関連も多く、映画「Shall we ダンス?」(監督:周防正行 96 年)のメイン・テーマや、98 年の映画「東京日和」の音楽プロデュース(監督:竹中直人/第21 回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞)など数多くのオリジナルサウンドトラックを手がけている。2013 年デビュー40 周年を記念する『大貫妙子 トリビュート・アルバム』をリリース。エッセイ集『私の暮らしかた』(新潮社)で綴られた生き方が世代を問わず共感を呼んでいる。NHK ラジオ深夜便・深夜便のうた「愛しきあなたへ」を大貫妙子&小松亮太としてリリース。2015 年6 月小松亮太とのアルバム「Tint」をリリース。「Tint」は第57 回輝く日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞した。ソロデビュー40 周年記念として、EMI 時代のオリジナルアルバム10 タイトルをユニバーサルミュージックから最新リマスター&高音質SHM-CD にて一斉リイシュー発売。2016年7月より、ソロデビュー40周年プロジェクトの第1弾としてアニバーサリーボックスを発売。2016年12/22東京芸術劇場にて、千住明編曲、指揮のもと初のシンフォニックコンサートを開催。公演に先駆け、12/21にはコンサートでも披露した6曲を納めたCD『TAEKO ONUKI meets AKIRA SENJU〜Symphonic Concert 2016』を発売。シンフォニックコンサートの公演を収録したライブ映像『Taeko Onuki Symphonic Concert 2016』が2017年3月15日発売決定。
http://onukitaeko.jp


フェビアン・レザ・パネ(ピアニスト、作編曲家)
東京生まれ。父はインドネシア人、母は日本人。東京藝術大学作曲科卒業。1986~7年にかけて「海辺のサティ」他8枚のアルバム(ネオ・シック・シリーズ)およびソロ・ピアノによるクリスマス・ソング集をリリース、ピアニスト・編曲家として注目を集める。その後大貫妙子、小野リサ、川井郁子など多くのアーティストのコンサート、レコーディングに参加、 繊細かつ研ぎ澄まされた独特のピアノ・タッチと音色には定評がある。小野リサ・アジアツアーなど海外公演にも多数参加。自己のレーベル「Amphibian」より「地平線からの旅立ち」他ソロピアノによるアルバム4部作などをリリース。また、ボサ・ノヴァのスタンダード・ナンバーをピアノ・トリオで演奏したアルバム「ピアノ・デ・ボッサ」が株式会社デラより好評発売中。


森 俊之
学生時代での関西音楽界における活動を経て1987年に上京。吉田美奈子、大貫妙子、井上陽水、小沢健二、角松敏生、Mr.Children、ウカスカジー、スガシカオ、山崎まさよし、キリンジ、清水翔太、さかいゆう、オリジナル・ラブ、Sing Like Talking、佐藤竹善、塩谷 哲、宮沢和史、Theatre Brook、いきものがかり、椎名林檎、宇多田ヒカル、古内東子、柴田淳、中島美嘉、bird (敬称略) など、あらゆるアーティストの音楽制作及びライブ・サポートにキーボーディスト、アレンジャー、プロデューサーとして携わる。エディM(Sax)スティーブ・バクスター(Tb)レイモンド・マッキンレー(Ba)ジュブ・スミス(Gt)カール・ペラッゾ (Perc) 沼澤尚(Dr)森俊之(Key)からなる「Nothing But The Funk」、沼澤尚とのエレクトロ・ジャム・ユニット「Deep Cover」、佐藤タイジとのコラボ・ユニット「The Sun Paulo」、松原秀樹〜田中義人〜玉田豊夢〜森俊之からなるジャズ・ファンク・バンド「C.C.King」、村上ポンタ秀一〜中村キタロー〜辻コースケ〜森俊之からなるジャム・バンド「Pointer Brothers」、林立夫〜沼澤尚〜高橋幸宏〜鈴木茂〜沖山優司〜Leyona〜森俊之からなる「After School Hangout」などのバンド活動のかたわら、元スーパーカーのKoji Nakamura、勝井祐二(Rovo)ナスノミツル等との即興ジャム・セッションなど、その活動は多岐にわたる。2015年、石井岳龍監督による映画「蜜のあわれ」の音楽を担当。初めての映画音楽の作編曲に携わる。ジャンルやスタイル、世代を超越した音楽性、音響&ダンス・トラック・メイキングからフル・オーケストラのスコア・ライティングまで、その振り幅の広さと柔軟な姿勢、際立つサウンド・キャラクターに定評がある。


沼澤 尚
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BANDなど様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。
http://takashinumazawa.com/
https://twitter.com/apurkeneg


by ju-tou | 2017-02-02 22:26 | Live | Trackback | Comments(0)

臼井ミトン with 中條卓+沼澤尚

2017年1回目のライヴは昨年3月に素晴らしい歌と演奏を聴かせてくれたミトン・トリオ
リラックスしたムードでトークも多く(マニアックな楽曲解説も⁈)とても楽しいライヴでした

いらしたお客さま方からまたぜひ!とのお声をたくさんいただき早くも再演が決まりました
ご予約は公演2ヶ月前の11/22より受付中!


Atelier ju-tou
Takashi Numazawa presents

"Sunday Evening Concert Series” vol.12


臼井ミトン with 中條卓+沼澤尚

2017年1月22日(日)
開場 15:15/開演 16:00
会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F
料金 予約 4,000円 整理番号付き/当日 4,500円 (各ドリンク代別途)

e0241591_21005726.jpg


〈予約方法〉ご予約受付中!

店頭/電話 café ju-tou 0297-72-1238(12:00~17:00 水・木・第4日曜定休) 

メール ju-tou@excite.co.jp 
※2~3営業日中に返信いたします

・お名前
・人数
・ご連絡先(お電話番号)
をお知らせください

e0241591_21022188.jpg

臼井ミトン(Vocal/Guitar/Piano/Wurlitzer)
古き良きアメリカンポップスやルーツミュージックへの憧れを胸に、都会的なセンスでオリジナル楽曲を生み出す東京生まれ東京育ちのシンガーソングライター。宅録機材をリュックに詰めてアメリカ中の伝説的なミュージシャンを訪ね歩く「旅する宅録アーティスト」として各種メディアで話題に。これまでに2枚のアルバムと1枚のシングルをリリース。いずれも自主制作ながら作詞家・松本隆が帯コメントを寄せ、「ミュージック・マガジン」や「サウンド&レコーディング・マガジン」に特集記事が掲載される等、音楽業界で大きな注目を集める。2015年には「FUJI ROCK FESTIVAL’15」や「Peter Barakan’s Live Magic!」等大型フェスへも次々と出演、実力派男性シンガーソングライターとして音楽シーンにその名を着実に広めつつある。


中條卓 (bass)
1965年神奈川県生まれ。12才の頃に聴いたBeatlesをきっかけにポピュラー音楽に興味を持つ。その後Bob Dylan、Rolling Stones、The Band、Allmans等も聴くようになり、ベースを手に入れ友人達とStax系のR&BやBluesナンバーも演奏するバンドを結成。その後、幾つかのRockバンドやセッション活動を経た後、1996年にTheatre Brookに加入。ここでドラマーの沼澤 尚に出会い、Blues Powerへのゲスト参加をきっかけとして、2007年blues.the-butcher-590213結成へ。現在は他にOKI DUB AINU BAND、COUCH、臼井ミトントリオ等でも演奏中。


沼澤 尚(Drums)
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BANDなど様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。


【Next Live】

2017年
vol.13
2/12(日) OKI with 沼澤尚+内田直之 新規決定!
vol.14
2/19(日) フルカワミキ+ナカコー+沼澤尚


by ju-tou | 2017-01-22 16:00 | Live | Trackback | Comments(0)

2/19 フルカワミキ+ナカコー+沼澤尚 mix by 内田直之

フルカワミキ
ナカコー
沼澤尚
の3名がAtelier ju-touに揃った昨年6月のライヴ

その奇跡的な組み合わせが再び!


Atelier ju-tou
Takashi Numazawa presents

"Sunday Evening Concert Series” vol.14


フルカワミキ+ナカコー+沼澤尚 mix by 内田直之

2017年2月19日(日)
開場 15:15/開演 16:00
会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F
料金 予約 4,000円 整理番号付き自由席/当日 4,500円 (各ドリンク代別途)

e0241591_21164320.jpg

〈予約方法〉ご予約受付中!
店頭/電話 café ju-tou 0297-72-1238(12:00~17:00 水・木・第4日曜定休) 
✉︎ ju-tou@excite.co.jp 

・お名前
・人数
・ご連絡先(お電話番号)
をお知らせください
*メールでご予約の場合、2~3営業日中に返信いたします
e0241591_21170045.jpg

フルカワミキ
1979年 青森県生まれ
1997年にスーパーカー(B/Vo)としてメジャーデビュー。2005年解散後はソロプロジェクトの他、バンドLAMAやDJ活動、オンラインセレクトショップ BAKE CAKES SHOP運営など幅広く活動している。2017年はタブラ奏者U-Zhaanとのユニットでduennレーベルよりカセットにてリリースされる。
http://miiikiii.com

ナカコー/Koji Nakamura
Gt.Vo.Synなどを担当。アーティストへの楽曲提供や、多くのCMやアニメ、などのサウンドクリエーターとしても活躍中。1995年地元青森にてバンド「スーパーカー」を結成し2005年解散。ソロプロジェクト「iLL」や「NYANTORA」を立ち上げる。その活動はあらゆる音楽ジャンルに精通する可能性を見せメロディーメーカーとして確固たる地位を確立し、CMや映画、アートの世界までに届くボーダレスなコラボレーションを展開。その他remixerとしても様々なアーティトを手がけ遺憾なくその才能を発揮している。現在はフルカワミキ(ex.スーパーカー)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers, toddle)、そして牛尾憲輔(agraph)と共にバンド「LAMA」として活動の他、現代美術作家の三嶋章義(ex. ENLIGHTENMENT)を中心にしたプロジェクト、MECABIOtH(メカビオス)でも活動した。また、主宰レーベル「Sound Of Romances」もスタートさせている。また、2014年4月には自身の集大成プロジェクトKoji Nakamuraを始動させ「Masterpeace」をリリース。そして、10月大阪クラブクアトロ、名古屋クアトロ、恵比寿リキッドルームでワンマンライブを行った。キャリアを重ねつつも進化し続けるナカコーを示唆するライブとなった。

沼澤 尚
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BANDなど様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。
http://takashinumazawa.com/
https://twitter.com/apurkeneg


by ju-tou | 2017-01-13 21:20 | Live | Trackback | Comments(0)

Spinna B-ILL with 小林洋太 & 沼澤尚

12月のライヴはレゲエ、ソウル、ファンクやヒップホップなど多様なバックグラウンドを持つシンガーソングライター/パフォーマーのSpinna B-ILLさんと小林洋太さんをお迎えします

毎回沼澤尚さんが今一緒に演奏したい方をju-touに合わせて企画してくださっているこのシリーズ
おなじみの方もいらっしゃればju-touで初めての組み合わせ、という事も多々
また新しい世界を体験できそうです


Atelier ju-tou
Takashi Numazawa presents

"Sunday Evening Concert Series” vol.11


Spinna B-ILL with 小林洋太 & 沼澤尚

2016年12月11日(日)
開場 15:15/開演 16:00
会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F
料金 予約 4,000円 整理番号付き/当日 4,500円/小学生以下 2,000円 (各ドリンク代別途)

e0241591_14595967.jpg

〈予約方法〉ご予約受付中!

 店頭/電話 café ju-tou 0297-72-1238(12:00~17:00 水・木・第4日曜定休) 
 メール ju-tou@excite.co.jp 

・お名前
・枚数
・ご連絡先(お電話番号)
 をお知らせください

e0241591_15002640.jpg

Spinna B-ILL
シンガーソングライター、パフォーマー。2002年にSpinna B-ill & the cavemansで活動を開始。「ライオンの子」でリスナーの圧倒的支持を得るも、2005年に惜しまれつつ解散。その後、Simply RedのギタリストKenji Jammerとの活動を経て、ソロシンガー “Spinna B-ILL”として2枚のアルバムをリリース。2015年1月には自身初となるカヴァーアルバム「ROMANTIK NOISE」をリリースし、精力的にライブを行っている。フェスからクラブまで様々なステージに立ち、DJセットからアコースティック、フルバンド等、変幻自在にスタイルを操る。レゲエ、ソウル、ファンクやヒップホップなど多様なバックグラウンドがありながら、B-ILLがマイクを持つと最早ジャンルの壁はない。ルックスのみならず、その声や歌唱力も日本人離れしている一方で、どこか懐かしいメロディと独特のフロウにのせた、刺さる言葉でつづられた歌詞もまた根強いファンを獲得している根拠だろう。まさにOne&Onlyなシンガーである。


小林洋太
レゲエ・ミュージシャンとして活躍する父親のもと、生まれた時から音楽に触れ育つ。2004年にレゲエバッキング・バンド”Stoned Rockers”を結成。”Reggae Disco Rockers”、Fire Ballのバックバンド”Jungle Roots”等にもギタリストとして加入。自らのステージやレコーディングの他、サポートとしても「横浜レゲエ祭」等の多くのフェス、ツアーでFire Ball、Spinna B-ILL、MOOMIN、lecca、Caravanを始めとする、多彩なアーティストのステージに出演し活躍中。世代を超えたスキルと歌を活かす洋太のプレイは、レゲエのみならず幅広いシーンで欠かせないものとなっている。また作曲家・トラックメイカーとして、多くのアーティストのレコーディングにも参加している。2013年からソロの活動&自身のライブイベント『小林洋太鑑賞会』を不定期で渋谷Rootsで開催中。ただいま1stEP自主制作中!!

沼澤 尚
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BANDなど様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。
http://takashinumazawa.com/
https://twitter.com/apurkeneg



by ju-tou | 2016-12-11 16:00 | Live | Trackback | Comments(0)

森俊之×沼澤尚×ナカコー with VJ TONTON

café ju-touは今年5周年を迎えます

そしてコンサートシリーズ10回目という記念すべき回に素晴らしいライヴが決定いたしました!



Atelier ju-tou

Takashi Numazawa presents

"Sunday Evening Concert Series” vol.10


・:café ju-tou 5th Anniversary Party:・

森俊之×沼澤尚×ナカコー with VJ TONTON


森俊之

沼澤尚

ナカコー


VJ TONTON

DJ medical


2016年11月13日(日)

開場 15:15/開演 16:00

会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F

料金 予約 4,000円 整理番号付き/当日 4,500円 (各ドリンク代別途)

e0241591_01241740.jpg


〈予約方法〉公演の2ヶ月前 9/13~予約受付開始 

店頭/電話 café ju-tou 0297-72-1238(12:00~17:00 水・木・第4日曜定休) 

メール ju-tou@excite.co.jp 


・人数

・お名前

・連絡先(お電話番号)

をお知らせください


e0241591_01244686.jpg

森 俊之

学生時代での関西音楽界における活動を経て1987年に上京。吉田美奈子、大貫妙子、井上陽水、小沢健二、角松敏生、Mr.Children、ウカスカジー、スガシカオ、山崎まさよし、キリンジ、清水翔太、さかいゆう、オリジナル・ラブ、Sing Like Talking、佐藤竹善、塩谷 哲、宮沢和史、Theatre Brook、いきものがかり、椎名林檎、宇多田ヒカル、古内東子、柴田淳、中島美嘉、bird (敬称略) など、あらゆるアーティストの音楽制作及びライブ・サポートにキーボーディスト、アレンジャー、プロデューサーとして携わる。エディM(Sax)スティーブ・バクスター(Tb)レイモンド・マッキンレー(Ba)ジュブ・スミス(Gt)カール・ペラッゾ (Perc) 沼澤尚(Dr)森俊之(Key)からなる「Nothing But The Funk」、沼澤尚とのエレクトロ・ジャム・ユニット「Deep Cover」、佐藤タイジとのコラボ・ユニット「The Sun Paulo」、松原秀樹~田中義人~玉田豊夢~森俊之からなるジャズ・ファンク・バンド「C.C.King」、村上ポンタ秀一~中村キタロー~辻コースケ~森俊之からなるジャム・バンド「Pointer Brothers」、林立夫~沼澤尚~高橋幸宏~鈴木茂~沖山優司~Leyona~森俊之からなる「After School Hangout」などのバンド活動のかたわら、元スーパーカーのKoji Nakamura、勝井祐二(Rovo)ナスノミツル等との即興ジャム・セッションなど、その活動は多岐にわたる。2015年、石井岳龍監督による映画「蜜のあわれ」の音楽を担当。初めての映画音楽の作編曲に携わる。ジャンルやスタイル、世代を超越した音楽性、音響&ダンス・トラック・メイキングからフル・オーケストラのスコア・ライティングまで、その振り幅の広さと柔軟な姿勢、際立つサウンド・キャラクターに定評がある。


沼澤 尚

1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BANDなど様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。

http://takashinumazawa.com/

https://twitter.com/apurkeneg


ナカコー/Koji Nakamura

Gt.Vo.Synなどを担当。アーティストへの楽曲提供や、多くのCMやアニメ、などのサウンドクリエーターとしても活躍中。1995年地元青森にてバンド「スーパーカー」を結成し2005年解散。ソロプロジェクト「iLL」や「NYANTORA」を立ち上げる。その活動はあらゆる音楽ジャンルに精通する可能性を見せメロディーメーカーとして確固たる地位を確立し、CMや映画、アートの世界までに届くボーダレスなコラボレーションを展開。その他remixerとしても様々なアーティトを手がけ遺憾なくその才能を発揮している。現在はフルカワミキ(ex.スーパーカー)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers, toddle)、そして牛尾憲輔(agraph)と共にバンド「LAMA」として活動の他、現代美術作家の三嶋章義(ex. ENLIGHTENMENT)を中心にしたプロジェクト、MECABIOtH(メカビオス)でも活動した。また、主宰レーベル「Sound Of Romances」もスタートさせている。また、2014年4月には自身の集大成プロジェクトKoji Nakamuraを始動させ「Masterpeace」をリリース。そして、10月大阪クラブクアトロ、名古屋クアトロ、恵比寿リキッドルームでワンマンライブを行った。キャリアを重ねつつも進化し続けるナカコーを示唆するライブとなった。


VJ TONTON

スペインのイビサ島と東京を拠点にするVJでビジュアル・ミュージシャン。

VJの常識から抜け出たミックステクニックはNightmares on WaxやDEEPCOVER(沼澤尚・森俊之)を始めとしたミュージシャンとのライブセッションで光り輝き、国とジャンルを超えた活動に注目が集まっている。

http://ton2.jp/



【Next Live】

vol.11

12/11(日) Spinna B-ILL with 小林洋太 & 沼澤尚

vol.12

1/22(日)  臼井ミトン with 中條卓+沼澤尚



by ju-tou | 2016-11-13 16:00 | Live | Trackback | Comments(0)

東田トモヒロ&沼澤尚 DUO

毎月 Atelier ju-touがおすすめする上質な音楽体験
9回目となる10月のライヴは

Atelier ju-tou
Takashi Numazawa presents
"Sunday Evening Concert Series” vol.9

東田トモヒロ&沼澤尚 DUO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サーフィンとスノーボーディングをこよなく愛するシンガーソングライター東田トモヒロさんが熊本から!

毎月Atelier ju-touのライヴをオーガナイズしてくださっているドラマー沼澤尚さんとはお二人のデュオやLeyonaさんと御三方でのスペシャルユニット”TRI-ARTIST SESSION”などこれまでも数々の共演をされている方

『LOVE&FREE』をメッセージし続け、福島県南相馬市の子どもたちに熊本から季節の野菜や果物・穀物などを届けるプロジェクト『chenge the world』の代表を務めるなどさまざまな活動も

Atelier ju-touではどのようなセッションが繰り広げられるのか10月も目が離せません*


e0241591_22045520.jpg

e0241591_22054109.jpg


2016年10月9日(日)
開場 15:15/開演 16:00
会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F
料金 予約 4,000円 整理番号付き/当日 4,500円 (各ドリンク代別途)

〈予約方法〉 
店頭/電話 café ju-tou 0297-72-1238 
  (12:00~17:00 水・木・第4日曜定休) 
メール ju-tou@excite.co.jp

・お名前
・人数
・ご連絡先(お電話番号)
をお知らせください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東田トモヒロ
1972年熊本生まれ熊本在住。サーフィンとスノーボーディングをこよなく愛するシンガーソングライター。2003年のデビュー以来、『LOVE&FREE』をメッセージし続ける永遠の旅人。その持ち味でもあるエネルギーに満ちた一体感溢れるライブで、これまでに大小問わず数多くの音楽フェスティバルに出演し、ピースフルな空間を作り出して来た。自然に寄り添った暮らしや旅の中から紡ぎ出されるメロディーとメッセージは、全国各地の多くのファンを魅了し、長く愛され続けている。2016年夏には通算13作目となるアルバム「naturally」をリリース。また、福島県南相馬よつば保育園の子どもたちに熊本から季節の野菜や果物・穀物などを届けるプロジェクト、『chenge the world』の代表を務める。
higashidatomohiro.jp
https://www.youtube.com/watch?v=b-_uXntGM4c


沼澤 尚
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BANDなど様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。
http://takashinumazawa.com/
https://twitter.com/apurkeneg





by ju-tou | 2016-10-09 16:00 | Live | Trackback | Comments(0)