cafe ju-tou  

jutou.exblog.jp

3/5 大貫妙子 フェビアン・レザ・パネ 森俊之 沼澤尚 〈ご予約方法等詳細発表〉

先日お知らせいたしました夢のようなコンサート
ご予約方法等詳細を発表いたします!

Atelier ju-tou
Takashi Numazawa presents
"Sunday Evening Concert Series” vol.15

大貫妙子
フェビアン・レザ・パネ
森俊之
沼澤尚

e0241591_22042016.jpg

2017年3月5日(日)
開場 15:00/開演 16:00
会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F
料金 予約 6,500円 整理番号付き自由席/当日 7,000円 (各ドリンク代別途)
*整理番号順により立ち見になる場合もございます

〈ご予約について〉
※受付方法によって開始日・時間が異なります
※予約受付の時間順に整理番号をお付けします(メール予約の2/5(日)0時が一番早い番号になります)
※カフェ営業中は対応できない時間帯もございますのでなるべくメールでのご予約をお願いいたします
・メール info@ju-tou.jp 2/5(日) 0時~
 【アドレスが変更となりましたのでご注意ください】
・店頭 2/5(日) 14時~
・電話 2/7(火) 14時~ 0297-72-1238
 café ju-tou (12:00~17:00 水・木・第4日曜定休)
 茨城県取手市井野1-7-10-3F
いずれも
お名前
人数
ご連絡先(お電話番号)
をお知らせください

〈チケット代金について〉
・店頭でのご予約の場合
 チケット代金を添えてお申込みください

・メールでのご予約の場合
 2~3営業日中に振込先等詳細を記載したメールを返信いたします
 メール到着後10日以内にお振込ください

・お電話でのご予約の場合
 振込先をお伝えしますので10日以内にお振込ください

・お支払い・お振込後の代金の払い戻しはできませんのでご了承ください(主催者側の中止などの場合を除く)

・ドリンク代は当日受付にてお支払いください


大貫妙子
東京生まれ。1973 年、山下達郎らとシュガー・ベイブを結成。75 年に日本初の都会的ポップスの名盤『ソングス』をリリースするも76 年解散。同年『グレイ スカイズ』でソロ・デビュー。以来、現在までに27 枚のオリジナル・アルバムをリリース。日本のポップ・ミュージックにおける女性シンガー&ソング・ライターの草分けのひとり。その独自の美意識に基づく繊細な音楽世界、飾らない透明な歌声で、多くの人を魅了している。CM・映画音楽関連も多く、映画「Shall we ダンス?」(監督:周防正行 96 年)のメイン・テーマや、98 年の映画「東京日和」の音楽プロデュース(監督:竹中直人/第21 回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞)など数多くのオリジナルサウンドトラックを手がけている。2013 年デビュー40 周年を記念する『大貫妙子 トリビュート・アルバム』をリリース。エッセイ集『私の暮らしかた』(新潮社)で綴られた生き方が世代を問わず共感を呼んでいる。NHK ラジオ深夜便・深夜便のうた「愛しきあなたへ」を大貫妙子&小松亮太としてリリース。2015 年6 月小松亮太とのアルバム「Tint」をリリース。「Tint」は第57 回輝く日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞した。ソロデビュー40 周年記念として、EMI 時代のオリジナルアルバム10 タイトルをユニバーサルミュージックから最新リマスター&高音質SHM-CD にて一斉リイシュー発売。2016年7月より、ソロデビュー40周年プロジェクトの第1弾としてアニバーサリーボックスを発売。2016年12/22東京芸術劇場にて、千住明編曲、指揮のもと初のシンフォニックコンサートを開催。公演に先駆け、12/21にはコンサートでも披露した6曲を納めたCD『TAEKO ONUKI meets AKIRA SENJU〜Symphonic Concert 2016』を発売。シンフォニックコンサートの公演を収録したライブ映像『Taeko Onuki Symphonic Concert 2016』が2017年3月15日発売決定。
http://onukitaeko.jp


フェビアン・レザ・パネ(ピアニスト、作編曲家)
東京生まれ。父はインドネシア人、母は日本人。東京藝術大学作曲科卒業。1986~7年にかけて「海辺のサティ」他8枚のアルバム(ネオ・シック・シリーズ)およびソロ・ピアノによるクリスマス・ソング集をリリース、ピアニスト・編曲家として注目を集める。その後大貫妙子、小野リサ、川井郁子など多くのアーティストのコンサート、レコーディングに参加、 繊細かつ研ぎ澄まされた独特のピアノ・タッチと音色には定評がある。小野リサ・アジアツアーなど海外公演にも多数参加。自己のレーベル「Amphibian」より「地平線からの旅立ち」他ソロピアノによるアルバム4部作などをリリース。また、ボサ・ノヴァのスタンダード・ナンバーをピアノ・トリオで演奏したアルバム「ピアノ・デ・ボッサ」が株式会社デラより好評発売中。


森 俊之
学生時代での関西音楽界における活動を経て1987年に上京。吉田美奈子、大貫妙子、井上陽水、小沢健二、角松敏生、Mr.Children、ウカスカジー、スガシカオ、山崎まさよし、キリンジ、清水翔太、さかいゆう、オリジナル・ラブ、Sing Like Talking、佐藤竹善、塩谷 哲、宮沢和史、Theatre Brook、いきものがかり、椎名林檎、宇多田ヒカル、古内東子、柴田淳、中島美嘉、bird (敬称略) など、あらゆるアーティストの音楽制作及びライブ・サポートにキーボーディスト、アレンジャー、プロデューサーとして携わる。エディM(Sax)スティーブ・バクスター(Tb)レイモンド・マッキンレー(Ba)ジュブ・スミス(Gt)カール・ペラッゾ (Perc) 沼澤尚(Dr)森俊之(Key)からなる「Nothing But The Funk」、沼澤尚とのエレクトロ・ジャム・ユニット「Deep Cover」、佐藤タイジとのコラボ・ユニット「The Sun Paulo」、松原秀樹〜田中義人〜玉田豊夢〜森俊之からなるジャズ・ファンク・バンド「C.C.King」、村上ポンタ秀一〜中村キタロー〜辻コースケ〜森俊之からなるジャム・バンド「Pointer Brothers」、林立夫〜沼澤尚〜高橋幸宏〜鈴木茂〜沖山優司〜Leyona〜森俊之からなる「After School Hangout」などのバンド活動のかたわら、元スーパーカーのKoji Nakamura、勝井祐二(Rovo)ナスノミツル等との即興ジャム・セッションなど、その活動は多岐にわたる。2015年、石井岳龍監督による映画「蜜のあわれ」の音楽を担当。初めての映画音楽の作編曲に携わる。ジャンルやスタイル、世代を超越した音楽性、音響&ダンス・トラック・メイキングからフル・オーケストラのスコア・ライティングまで、その振り幅の広さと柔軟な姿勢、際立つサウンド・キャラクターに定評がある。


沼澤 尚
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BANDなど様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。
http://takashinumazawa.com/
https://twitter.com/apurkeneg


トラックバックURL : http://jutou.exblog.jp/tb/25274362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ju-tou | 2017-02-02 22:26 | Live | Trackback | Comments(0)