cafe ju-tou  

jutou.exblog.jp

華道家 小春丸 植物的即興「うまれる」

華道家 小春丸 植物的即興「うまれる」

植物をもちい即興で空間を満たしていく植物的即興(Botanical Improvisation)。
野生のあえぐ現場、生命の緊迫の瞬間が再びたちあがります。
場所はかつて産院が営まれていた Atelier ju-tou(取手市)。
アートスペースとして生まれ変わったこの空間で
小春丸が、大量の植物をもちい「うまれる」をテーマとした植物的即興を演じます。
4月22日は「植物的即興 LIVE」を、23日は「展示 & ワークショップ」を開催いたします。
ワークショップでは、Liveで小春丸が作り上げた大きな作品を、参加者のみなさんと切り分け複数の小さな作品へと移し替えを行います。

e0241591_15241660.jpg


4月22日植物的即興 Live(要予約)
 時 間 18:00 open / 19:00 start
 料 金 一般 2500円 / 学生 1000円(各ドリンク代別途)

*カフェ ju-touは主催者の要望により、特別なお菓子とドリンクをご用意いたします

4月23日展示 10:30−18:00(入場無料) 
ワークショップ
 時 間 14:00-16:00
 料 金 1000円
 持ち物 お気に入りの花器 花鋏 
***自分で生けた作品はお持ち帰りいただけます。

会場 Atelier ju-tou(茨城県取手市井野 1-7-10 1F / 0297-72-1238)

ご予約 1001coffee@gmail.com (千年一日珈琲焙煎所)
企画 千年一日珈琲焙煎所 協力 cafe ju-tou

小春丸 (華道家)プロフィール
流派にとらわれない自由な発想の作風が特徴。日常から花に触れエネルギーを感じること、それをいける喜びを伝えている。茨城県内や益子町などにて、木工作家や陶芸家とのコラボ展示や、個展、生け花ライブなど幅広く活動。2013年4月に益子町陶芸メッセ内・旧濱田邸にて個展「花」を開催。2014年7月つくば市千年一日珈琲焙煎所にてBotnaical Improvisation「植物の濡れ場」を開催。2015年9月益子土祭参加。2016年3月渋谷ヒカリエにてファションデザイナーとコラボ。9月水戸芸術館広場でライブなど

# by ju-tou | 2017-04-22 19:00 | ギャラリー/展示 | Trackback | Comments(0)

5/14 フェルナンド・カブサッキ+勝井祐二+沼澤尚+内田直之

Atelier ju-tou 5月の"Sunday Evening Concert Series”は

アルゼンチンからお迎えする
フェルナンド・カブサッキさん!

勝井祐二さん、沼澤尚さん、内田直之さんとの4名によるライヴ

〈フェルナンド・カブサッキ ジャパンツアー 2017〉の一公演としていらしてくださる事になりました!

「アルゼンチン音響派」と呼ばれるカブサッキさん
昨年伺ったライヴで聴いたそのギターの音は驚きの美しさでした...

Atelier ju-tou での響きは間違いなく必聴のライヴです

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

Atelier ju-tou
Takashi Numazawa presents
"Sunday Evening Concert Series” vol.17

フェルナンド・カブサッキ+勝井祐二+沼澤尚+内田直之

2017年5月14日(日)
開場 15:15/開演 16:00
会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F
料金 予約 4,000円 整理番号付き自由席/当日 4,500円 (各ドリンク代別途)


e0241591_00385716.jpg

〈予約方法〉*ご予約受付中*
店頭/電話 café ju-tou 0297-72-1238(12:00~17:00 水・木・第4日曜定休) 
メール info@ju-tou.jp
*アドレスが新しくなりました

・お名前
・人数
・ご連絡先(お電話番号)
をお知らせください

e0241591_00395683.jpg


e0241591_00450538.jpg

◆フェルナンド・カブサッキ

1965年、アルゼンチン・ロサリオ生まれ。ブエノスアイレス在住。5才のときに手にした2弦ギターがきっかけでギターを始める。1988 年に渡英してロバート・フリップ(キング・クリムゾン)のギター・クラフト・コースに参加。リーグ・オブ・クラフティ・ギタリスツ(LCG)の一員として度々フリップの世界ツアーに帯同する。1991年より、ブエノスアイレスのフィルム・アーカイヴと共同で、無声映画のサウンドトラックを即興演奏する不定形のプロジェクト、ナショナル・フィルム・チェンバー・オーケストラを立ち上げる。1992年には、LCGの主要メンバーだったアルゼンチン出身のエルナン・ヌニェスとスティーヴ・ボールと共に、ベルリンでロス・ガウチョス・アレマネス(LGA)を結成し、今に至るまで断続的に活動を継続。1995年から数年の間、フォルクローレ・シンガー、リリアナ・エレーロのバンドでギタリストをつとめる。1998年には初のソロ・アルバム『Houses I』を発表。この前後からフェルナンド・サマレア、マリア・ガブリエラ・エプメール、サンチャゴ・ヴァスケス、アレハンドロ・フラノフ、マリア・エヴァ・アルビストゥール、フアナ・モリーナ、アクセル・クリヒエールらと頻繁に共演を重ね、お互いの作品に参加するようになる。2000年にセカンド・アルバム『The Planet... and its beings』を発表。この作品には、エルメート・パスコアル、チャーリー・ガルシアやモノ・フォンタナも参加2002年、フアナ・モリーナのサポート・ギタリストとして初来日。関連作品も次々に紹介され、「アルゼンチン音響派」の最重要人物として一躍注目を集める。これをきっかけに、山本精一や勝井祐二をはじめ、日本の様々なアーティストとの交流を深め、即興セッションを中心に多くの共演とリリースを重ねる。長短編映画やアニメーションのための作曲も多数。2011年6月にソロ作としては7枚目となるアルバム『LUCK』を日本盤発売。以降、精力的に来日を重ね(2013年、14年、16年)、毎回多くの日本人アーティストとステージを共にしている。直近最新作は、モリコーネやジョナサン・リッチマンのカバーを含む2014年秋発売の『The Champion』。


e0241591_00493742.jpg

◆勝井祐二

ROVO,KOMA,TWIN TAIL,DRAMATICS,勝井祐二&U-zhaan,FISHMANSなどのバンドやユニットと、ソロや様々な音楽家との即興演奏で、エレクトリック・ヴァイオリンの表現の可能性を追求し続ける第一人者。「1991-1992 JAPAN – UK Festival」の中心展示「VISIONS OF JAPAN」(Victoria and Albert Museum)のサウンド・ディレクターを務め、渡英。帰国後、日本最初期のレイヴ・パーティー「WATER」をオーガナイズする。96年、山本精一と「ROVO」結成。バンド編成のダンスミュージックで、90~00年代以降のオルタナティブ~野外フェスティバルのシーンを牽引した。02年に初来日したファナ・モリーナ、フェルナンド・カブサッキとの共演を機にアルゼンチンの新しい音楽シーンと交流を深める。09年には、サイケデリック・ロック・バンド「GONG」の結成40周年を記念したアルバム「2032」に、スティーブ・ヒレッジと共に参加。以後「SYSTEM 7」のアルバムにも参加するなどの交流を続け、2013年「ROVO and SYSTEM 7」名義のアルバム「Phoenix Rising LP」を世界発売。2013~2014年にかけて、アジア~ヨーロッパツアーを行い、フジロックフェスティバル’14に凱旋。2016年 ROVO結成20周年をむかえ、FRF、RSR、中津川ソーラー武道館、富山ホットフィールド、福井SEA of GREEN、などの野外フェスに参加、20周年記念アルバム「XI (eleven)」発表。


e0241591_00514170.jpg

◆沼澤尚

1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BANDなど様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。

http://takashinumazawa.com/

https://twitter.com/apurkeneg


e0241591_00535968.jpg

◆内田直之

LITTLE TEMPO,OKI DUB AINU BAND,FLYING RHYTHMSのメンバーとしても活動するダブ/ミックス/レコーディングエンジニア。日本最高峰のダブ・エンジニアと呼ばれる存在で、レコーディングからライヴ・ステージまで、唯一無二の強烈なグルーヴを携えたトラックを生み出す達人として国内外のアーティストから厚い信頼を得ている。




# by ju-tou | 2017-04-03 22:30 | Live | Trackback | Comments(0)

澤田かおり with 沼澤尚

Atelier ju-tou
Takashi Numazawa presents

"Sunday Evening Concert Series”


4月のライヴは

vol.16
澤田かおり with 沼澤尚

沼澤さんが昨年発売された澤田かおりさんのアルバム「FRONTIER」のレコーディングに参加され、”ピアノの弾き語りが素晴らしい!”と生まれたデュオ

今回 ju-touでは初めてのピアノ弾き語りをされる女性シンガーソングライターの方との共演となります

どのような新しい音の世界が繰り広げられるのでしょう!
どうぞお聴き逃しなく

e0241591_19305172.jpg
e0241591_19311807.jpg

2017年4月2日(日)
開場 15:15/開演 16:00
会場 Atelier ju-tou 茨城県取手市井野1-7-10-1F
料金 予約 4,000円 整理番号付き自由席/当日 4,500円 (各ドリンク代別途)

*ご予約受付中*
店頭/電話 café ju-tou 0297-72-1238(12:00~17:00 水・木・第4日曜定休) 
メール info@ju-tou.jp
*アドレスが新しくなりました

・お名前
・人数
・ご連絡先(お電話番号)
をお知らせください
e0241591_19320005.jpg

澤田かおり


米シアトル生まれ。東京・杉並区育ち。2005年に渡米。NYブルックリン音楽院にてヴォーカルレッスンを受講、ボストン・バークリー音楽院作曲専攻を卒業する。帰国後、アーティストへの楽曲提供やCM楽曲を多数手掛け、高い評価を得る。その後、MISIA、井上陽水の全国ツアーにコーラスとして参加するや一躍注目を集める。そして2015年1月Sg『幸せの種』にてメジャーデビュー。11月には現代の和製キャロル・キングをイメージさせる、メジャー1stアルバム『Songwriter』を発表。NHKBS「ワールドスポーツMLB」エンディングテーマや映画イメージソング、CM曲など話題曲を多数収録。そして10月、女性目線にさらに磨きをかけたセルフプロデュースによる2ndアルバム「FRONTIER」をリリース。また秋から全国47都道府県を回る弾き語りフリーライブツアーも開催中。エモーショナルなヴォーカルと自在に奏でるピアノによる圧倒的な弾き語りライブも魅力のひとつ。その多彩な才能に、いま最も期待される女性シンガーソングライターのひとり。



e0241591_19333435.jpg

沼澤 尚

1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BANDなど様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。




# by ju-tou | 2017-04-02 16:00 | Live | Trackback | Comments(0)

4月のスケジュール


12:00-17:00 Open


*本日のごはんセット 15:00ラストオーダー


水・木・第4日曜定休


茨城県取手市井野1-7-10-3F

℡ 0297-72-1238

JR取手駅より徒歩10分

駐車場有


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


〈4月のイベント・臨時休業など〉


1(土) 臨時休業


2(日) Atelier ju-tou ライヴ〈澤田かおり with 沼澤尚〉


3(月) 臨時休業


22(土)23(日) Atelier ju-tou〈華道家 小春丸 植物的即興「うまれる」〉

*カフェは23日(第4日曜定休日)も両日営業いたします


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


*お電話でご確認・ご予約をお願いいたします


*4名さま以上など人数の多い場合はご予約またはお電話でご連絡ください


*コースは前日までのご予約にて承ります

 人数の多い場合は対応できない日もありますのでお早目にご相談ください


℡ 0297-72-1238


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


*4月2日(日)


Atelier ju-tou

Takashi Numazawa presents

"Sunday Evening Concert Series” vol.16


澤田かおり with 沼澤尚


詳細は



*4月22日(土)23日(日)

華道家 小春丸 植物的即興「うまれる」
会場:Atelier ju-tou

詳細は



*開催中〜4月18日(火)Tomoko Sugahara exhibition - 窓からの眺めとともに

会期中休業日:毎週水・木曜日、3/26(日) 4/1(土),2(日),3(月)
会場:カフェ ju-tou

詳細は




# by ju-tou | 2017-04-01 11:00 | schedule | Trackback | Comments(0)

3月のスケジュール

12:00-17:00 Open


*本日のごはんセット 15:00ラストオーダー


水・木・第4日曜定休


茨城県取手市井野1-7-10-3F

℡ 0297-72-1238

JR取手駅より徒歩10分

駐車場有


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


〈3月のイベント・臨時休業など〉


4(土) 臨時休業


5(日) ライヴ〈大貫妙子 フェビアン・レザ・パネ 森俊之 沼澤尚〉

※下記ご参照ください


6(月) 臨時休業


26(日) 第4日曜定休日


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


*お電話でご確認・ご予約をお願いいたします


*4名さま以上など人数の多い場合はご予約またはお電話でご連絡ください


*コースは前日までのご予約にて承ります

 人数の多い場合は対応できない日もありますのでお早目にご相談ください


℡ 0297-72-1238


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


*3月5日(日)

Atelier ju-tou

Takashi Numazawa presents

"Sunday Evening Concert Series” vol.15


大貫妙子

フェビアン・レザ・パネ

森俊之

沼澤尚


詳細は



*開催中〜4月18日(火)Tomoko Sugahara exhibition - 窓からの眺めとともに


会期中休業日:毎週水・木曜日、3/26(日) 4/1(土),2(日),3(月)


詳細は




# by ju-tou | 2017-03-31 17:00 | schedule | Trackback | Comments(0)

Tomoko Sugahara exhibition - 窓からの眺めとともに

Atelier ju-touで開催している"Sunday Evening Concert Series”

ライヴ連動企画の展示が始まります


「Tomoko Sugahara exhibition - 窓からの眺めとともに」


2017.3.7(火)~4.18(火)

会期中休業日:毎週水・木曜日、3/26(日) 4/1(土),2(日),3(月)



e0241591_14553268.jpg


ライヴ会場 Atelier ju-tou への展示は3/5当日のみ

*ライヴへいらしたお客さまのみご覧になれる特別な展示です


その後3/7からは3F カフェにて展示が始まります

イタリアと日本で活動されているTomoko Sugahara さん

以前展示を拝見した時、作品のその白の世界、紙や素材の質感などから大貫さんの音楽に合うのでは!とライヴ会場への展示を依頼しました

今回どのような展示になるか楽しみです


菅原智子 SUGAHARA TOMOKO

1988 東京芸術大学油画科卒業

1990 東京芸術大学大学院美術研究科壁画専攻修了

1991 東京芸術大学同研究室研究生修了

1993 国立フィレンツェ美術学校留学(イタリア政府給費生)

1997 在イタリア研修(財団法人ポーラ美術振興財団助成)

2005~尾道大学芸術文化学部美術学科非常勤講師(ヨーロッパ古美術研修旅行)

2005~2010 文部科学省科学研究費によるモザイク壁画保存修復調査研究に参加

2012 ~ 女子美術大学美術学科非常勤講師(モザイク演習)

2012 ~ 京都造形芸術大学通信教育部芸術学部非常勤講師

2013 ~ 尾道市立大学芸術文化学部美術学科非常勤講師(壁画技法演習)

2014 ~ 女子美術大学短期大学部造形学科非常勤講師(フレスコ演習)

2016 東北芸術工科大学美術科非常勤講師(モザイク演習)

個展

2016 画廊宮坂(2014, 2012, 2011, '09, '08, '05, '04, '02, 1999, '97, '96, '92)

2010 Palazzo Personè‐Lecce Italy

2010 Klinikum Bogenhausen‐Munich Germany

2004 LOGGETTA LIPPI ARTE‐Bagno di Romanga Italy

2004 DOLCE VITA‐Firenze Italy

2003 GIARDINO DEI CILIEGI‐Firenze Italy

2000 SKYDOOR アートプレイス青山

1998 BARDI 21‐Firenze Italy

1990 ギャラリーなつか

グループ展

2015 Elementi di Geometria Sentimentale Vol.2 by Sergio Tossi – Egg Visual Art, Livorno Italy

2015 Sinfonia italiana(椎葉聡子・菅原智子・若林和恵) – OMONMA TENT Gallery, 取手

2015 若林和恵(陶)+菅原智子(平面)二人展 – 器ギャラリー たち花

2014 Una fine estate, curated by Stanza 251 e Sergio Tossi – Montestigliano Art, Siena Italy

2013 菅原智子|福田薫 展 – 器ギャラリー たち花

2013 Una serata con Stanza 251, curated by Sergio Tossi – Montestigliano Art, Siena Italy

2012 WOP! Works on paper, curated by Renata Fabbri-FABBRI contemporary art, Milano Italy

2010 三人三様展‐小嶋悠司・菅原智子・深沢軍治 – 晩翠画廊,仙台

2009 IN BIANCO- VARIAZIONI CROMATICHE, Marco Alfano 企画 - Chiesa di S. Apollonia, Salerno Italy

2008 CULTURE A CONFRONTO, Anna Soricaro企画 - Castello Svevo, Trani-Italy

2008 QUATTRO/QUINTI:Carlo Fei/Eloise Ghioni/Stefano Loria/Andrew Smaldone/Tomoko Sugaha

  Lorenzo Bruni 企画 - Villa Schneiderff/Kore Arte Contemporanea, Firenze

2007 PERCEZIONE Anna Soricaro企画 - Zerouno, Barletta Italy

2007 4 ELEMENTI Samuele Russo企画- MICRO, Roma

2006 DOLCEDITA~いとしい手~ - POLA MUSEUM ANNEX

1999 ART Point Black 主催コンクールABSTRACTA 展 - Firenze

1998 INTERNATIONAL FESTIVAL FRINGE - Firenze

1997 二人展 - 横浜ガレリアベリーニの丘

1996 COLONNATA-ESTATE'96 - 'L GRUP-Carrara Italy

1995 二人展 - ギャラリー神宮苑

1989/90 PLAY UP'89, '90 - KEY WEST STUDIO

1987 メタモルフォーションI - 神奈川県民ホールギャラリー

1985 二人展 – パレルゴンII

主な収蔵先

2012 置戸ぽっぽ絵画館(北海道)

2011 K氏住宅(千葉県市川)〈モザイク60×110cm〉

2009 カジュアルフレンチRaffiné(東京・本郷)〈モザイク90×180cm〉

2003 LIBRERIA MARTELLI(Firenze)〈テンペラ画130×180cm、130×100cm〉

2002 Ristorante EITO(Firenze)〈テンペラ画 +/-90×120cm 4点〉

2001 オークラ千葉ホテル内レストラン“セブンシーズ”〈テンペラ画90×90cm 6点〉

2001 晴海トリトンスクエア“神話の広場”〈床モザイク原画制作〉

1999 RISTORANTE MASSA(東京・恵比寿)〈モザイク40×90cm〉

1992 K氏別邸(長野県八ヶ岳)〈ステンドグラス40×120cm、60×95cm〉

1991 東京芸術大学 大学会館小ホール〈モザイク壁画60×880cm〉

1988 川崎市社会福祉事業団 柿生学園ロビー〈テンペラ画240×240cm〉

1988 新潟県燕市役所新館ロビー〈油彩・卒業制作 F150号〉


# by ju-tou | 2017-03-07 12:00 | ギャラリー/展示 | Trackback | Comments(0)